review

日本人に大変馴染み深い、お米の無添加石鹸です。

無添加 白ごをあけてみると、乾燥剤の入った白の綺麗な和紙状の包みに入っていました。とても高級感のある梱包仕様です。

review

 

Amazonで最安値を見る

石鹸自体は、整った綺麗な真四角の白地に米ぬかが全面的にまんべんなく練りこまれています。持った時の石鹸特有のべとつきはなく、ずっしりと重みがあり、クセのないナチュラルな香りがします。梱包同様、京都らしい上品な石鹸です。

1日目、朝、早速、無添加 白ご飯石鹸を使って洗顔をしてみました。ぬるま湯に石鹸をくぐらせ、手で泡だてると、きめ細やかな柔らかく優しい泡ができます。泡だてネットを使用すれば、もっと細やかな泡ができるかもしれません。

review

顔全体に泡を乗せ、円を描くように洗っていきます。水で2.3度、顔についた泡を落とし、タオルで軽く拭きます。泡落ちは良く、米ぬかのベタベタは感じられず、肌にベールが纏ったようなモチモチ感が残りました。

1日目の夜、洗顔するため、朝に使った無添加 白ご飯石鹸を手に取りました。固形の石鹸は、何度か使っていくと、石鹸が、水分を含むため、手に取る度、石鹸が型崩れしたり、割れてしまうこともしばしばありますが、こちらの無添加 白ご飯石鹸は、型崩れしませんでした。

その理由として、無添加 白ご飯石鹸は、京都創業120年の白山湯西陣と共にある銭湯が拘りをもった素材で作った石鹸製造方法”枠練り”で作っているようで、石鹸を7-20日の日数をかけて乾燥させているのだそうです。その為、結晶がしっかりし、お風呂でも溶け崩れしにくいとのこと。

2日目の夜、お風呂でも使ってみましたが、肌全体がベールに包まれ潤いのある瑞々しさを感じられ、一層モチモチ感が増したようでした。

review

固形石鹸には、香料や、着色料の入っているものもある中、無添加 白ご飯石鹸は、防腐剤、着色料などは一切使用せず、全て天然素材なので、肌の柔らかい子どもにも安心して使わせることができます。

朝と夜の洗顔に私同様子どもも無添加 白ご飯石鹸を使っていますが、使うたびに、肌への潤いと肌色も気持ち明るくなったように感じられ、血色が良くなったように思います。そして、嬉しいことに、ファンデーションのフィット感も違うので、メークが楽になりました。

歳を重ねる毎に、肌への労りは、欠かせなくなります。高級感があって、長く愛用できる無添加 白ご飯石鹸は、美肌の強いお供です。

ママ友にも是非おススメしたいなと思いました。

京都 西陣 創業120年の白山湯 監修 洗顔用石鹸『白ご飯石鹸』愛媛県 名水100選 うちぬき 皇室献上歴有り まじめな農家の共同制作

新品価格
¥1,398から
(2019/8/18 15:59時点)

使用後のご感想など御座いましたら、ぜひお待ちしております。

↓参考になりましたらTwitterでリツイートお願いします。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気コスメランキング


おすすめ記事