review

高級感がある西陣石鹸の黒門一条。乾燥の季節にはピッタリです。

京都西陣石鹸を使ってみて、まず箱から取り出すと丁寧に紙の袋に入っており、使うのがもったいないくらいの高級感がありました。
袋からあけて水を含ませて泡を立てていくのですが、お風呂で使っても溶け崩れしにくくなっているみたいで、泡は立つのに溶けにくい感じがあり、お風呂場にも置けて使えるので保管場所にも困らないのが良いと思いました。

review

review

Amazonで最安値を見る

また成分は合成界面活性剤は使わず、全て天然のもので作られており、また西陣織の素材であるシルクはとても肌によく、バリア機能を高め、肌をつやつやに保つと言われているので、今からの乾燥の季節にぴったりだなと思いました。
成分を見ると、京都シルク、米ぬか油、オリーブ油などが含まれており、洗浄成分と潤い成分の両方が含まれてるので、洗うたび綺麗になり、且つ潤いが保たれて、一石二鳥です。

実際に使ってみて、今回は泡だてネットを使って泡をたてたのですが、少し滑らして擦るだけで十分すぎる泡が出来ました。

review
泡の感触は凄く軽くて、泡1つ1つがちゃんと手に伝わって来る感じでとても気持ちが良い泡の感触でした。
泡に弾力もあり、逆さにしても垂れる事も無かったです。

review

そしてそれを顔に乗せて洗顔したのですが、泡の力で洗顔をするような感じで、泡に弾力があるので、手でゴシゴシ擦る必要もなく泡が潰れることもなく、気持ちのいい泡のままで洗えました。

review

何も擦らず、そのまま泡を転がし、最後にぬるま湯で洗ったのですが、自分は混合肌なので肌にぬるつきがいつも洗顔後残ってたりするのですが、一切ぬるつきがなく、かといって肌が突っ張ったりすることもなく潤いを保ったままぬるつきも取ってくれたという洗い上がりでした。

今までの洗顔石鹸は、ぬるつきがあるけど保湿されているか、あるいはかさつくけど顔に脂がなく綺麗に洗浄されている感じがあるかのどちらかだったので、この石鹸はどちらでもないなと思い、とても使い心地が良いなと思いました。

私は普段洗顔石鹸を使っていて、その保存方法が専用のトレイを買って石鹸がドロドロにならないために風呂場の上の方に置くか、あるいは風呂場に置かず、洗面台に保管することが多いのですが、この石鹸は元々の作りが結構固くて、ドロドロになりにくいと思うので、普通に100均の石鹸ケースに入れて風呂場に保管するのでも良さそうだなと思いました。

今回この石鹸を使ってみて、少しの量で泡がたくさん作れるので、持ちも良いと思いますし、全身にも使えるので顔以外の保湿にも使いたい方にオススメだなと思いました。ニキビにも効果ありなので、自分は顔はもちろん、体や全身にもニキビが出来るので、これから使っていきたいと思いました。

京都 創業120年の白山湯監修 デリケートゾーン用ボディ 西陣石鹸『雅』芸者御用達 消臭・除菌 [体臭・汗・陰部・脇・毛穴・水虫・黒ずみ]

新品価格
¥1,398から
(2019/10/16 23:34時点)

★コメントを投稿&リツイートしてくれた方に毎月抽選で新発売の化粧品を1万円分プレゼント★

使用後のご感想など御座いましたら、コメント欄にお願いします。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


人気コスメランキング


おすすめ記事